腎臓病食事ラボ|腎臓病の原因予防法!腎臓病食事で大切なことは

MENU

解決したい悩みを選択!

管理人画像


女の子産み分け画像


女の子産み分け画像


管理人画像

腎臓病食事.jp〜腎臓病を改善できる宅配食事サービスをご紹介!〜

管理人画像

はじめまして。腎臓病の夫がいる由香里と申します。腎臓病は非常に恐ろしい病気な上、ある日突然、腎臓病になる場合がほとんどです。私の夫もそうでしたが、会社の健康診断で引っかかったため再検査したところ腎臓病と宣告されました。ホントに突然だったため周りが真っ暗になりました。それからというもの、毎日腎臓に負担をかけない食事を考えています。私と同じような方のため、腎臓病の予防を早めから始めたい方のために当サイトを作りました。ぜひ参考にしてみてください。

 

腎臓病とは??腎臓病の原因について


腎臓と言っても外見から見える臓器ではないので、一般的に腎臓が身体のどの位置にあるのかということすら知る人は多くないかもしれません。また、原因が特定される事が困難な場合が多い為、腎臓病という概念すら一般的にはあやふやなものなのかも知れません。
しかし、腎臓病患者は年々増しており、「沈黙の臓器」と言われている臓器でもあり、知らず知らずのうちに病状が悪化して気付いた時には人工透析をしなければならない人も少なくありません。
腎臓イメージ画像
また、腎臓は、そら豆の形をしていると言われています。大きさは縦12cm横5〜6cm程で重さは150g程の臓器で左右に一つずつあり合計二個保持しています。お腹の中側にあり、腰の上の方に位置します。絶えず血液を送り込み老廃物をろ過し尿として外に排出する役割を担っている重要な臓器です。ですので、腎臓病を患うことによってろ過機能になんらかの支障が現れた場合、尿や血液に大きく影響を与えます。また、生活習慣などによって個人的な要因が考えられ原因については特定できず未だ不明の点も多い病気でもあります。

 

腎臓病にならない為には?予防法について


「沈黙の臓器」とも言われ「サイレントキラー」とも呼ばれる腎臓病ですが、腎臓病になる前に日々の生活習慣を見直してみる事によって未然に腎臓病を防ぐ事も可能です。身体の血液循環やホルモンバランスを司る臓器でもあり、「肝腎要」(かんじんかなめ)という言葉にもある通り身体の最も大事な部分でもあり要でもあります。
普段から煙草を吸う人、お酒を大量に飲んだり暴飲暴食を繰り返している人、不規則な生活や運動不足によって老廃物が身体に溜まりやすく輩出する力も衰える為臓器にダメージを与える結果になります。
腎臓病食事イメージまたストレスによって体内の血液もうまく循環しなくなることもありすべてが悪循環に陥ることによってどんどん病気が悪化していくことになります。ですので普段から規則正しい生活を心がける事が腎臓病を未然に防ぐ事になりますので注意して自分の生活習慣を見直してみる事が良いでしょう。

 

腎臓病の食事療法とは?

腎臓病と言っても様々な病気があります。「急性腎炎(急性糸球体腎炎)」「慢性腎炎(慢性糸球体腎炎)」「ネフローゼ症候群」「糖尿病性腎症」「急性腎不全」「慢性腎不全」等です。
またネフローゼ症候群にも様々な病型があり、食事療法についても個人の検査結果によって食べ物によって摂取しない方が良いものや、摂取した方が良いもの等異なることもありますので、一概に腎臓病と言って食事療法を一つに定める事は困難となります。食事療法とは、腎臓病患者さんを守るためにバランスのとれた食事を食べることで体調を整えるものです。
これに該当するのが食事制限などです。そしてこの食事療法が一番困難と言われています。ここで腎臓病の食事療法が不可欠な5つの理由をご紹介しますので参考にしてください。

 

  1. 腎臓を負担から守るため
  2. 腎臓が健康な状態であれば、まったく問題なく排泄されるはずのものがたくさんあります。タンパク質は特に要注意で、多く摂取しすぎてしまうと尿素や窒素といったものが溜まってしまい腎臓や体全体に負担をかけることになります。またナトリウムを排出する力も弱くなりますから、多く塩分をとればその分負担をかけることになってしまいます。負担をかければ、進行が早くなりますから注意しなくてはいけません。

     

  3. 腎臓の機能低下や腎臓病の進行を抑えるため
  4. 腎臓病は確実に進行していく病気です。その進行を少しでも食い止めるためには、食事療法が大切になってくるのです。普段から口にするものに気をつけていないと、あっという間に進行して気がついたら人工透析…ということにもなりかねません。腎不全になってしまったら、腎臓の機能は完全に停止してしまうのです。

     

  5. 体内の栄養バランスの濃度をたもつため
  6. 塩分、タンパク質、カリウム、リン、水分などなど、さまざまな要素の濃度を保つことは腎臓病の患者さんにはとても大切なことです。濃度が保たれていないと、やはり腎臓に負担をかけることになり、腎臓病の進行が早くなってしまいます。

  7. 安全に治療をするため
  8.  

    腎臓病の治療に体調を良好に保つ必要があります。この体調管理に一役買ってくれるのが食事療法なのです。毎日のバランスのよい食事が体調を整えてくれるのです。また、人工透析を受けている場合でも体調管理は重要です。
    体調が崩れれば透析が受けられなくなる可能性もあるからです。

     

  9. さらに病気になるのを防ぐため
  10. 腎臓病になりナトリウムなどの排泄機能が弱くなってしまうと、高血圧などの他の病気を誘発する可能性が高くなります。他の病気を呼び起こさないためにも食事療法はとても大切なのです。疲れて病にかかってしまった腎臓をいたわりながら、食事療法で体を大切にしていきたいですね。

 

腎臓病になったら、食事療法は必ず必要なものなので、「別に薬とかだけでなんとかなるんじゃ…」とお考えの人は、どんどん腎臓が悪化してしまう傾向にあります。毎日必ず食べる食べ物から気をつけて、食事療法をすることは腎臓にとっても大切なことなのです。

腎臓病は、食事を改善するとよくなる?!食事改善で気をつけたいこと

管理人画像

では次に、腎臓病になってしまった場合どのような食事が最適なのかご紹介したいと思います。まず、腎臓病は一旦壊れてしまった腎臓を修復することができない為、現在の腎臓機能を高める事が最善の対策になります。薬物療法や食事療法等が主に改善する療法となり、食事療法は腎臓病患者にとって最も大切なものとなります。食事療法は、いかに腎臓に負担をかけずに食事を摂るかという事、身体に十分なエネルギーと栄養をバランス良く摂取するかという事が大切です。

また、腎臓病には様々な病型があり制限は人それぞれ異なりますが、腎臓病患者にとって腎臓を傷める原因となる塩分制限が一般的です。腎臓に負担をかけないように制限内の塩分量を守る事で機能をこれ以上落とす事なく腎臓を維持することができます。また尿に大量のたんぱくが下りている場合はこれ以上腎臓に負担をかけないようにする為に、たんぱく制限もありますが多くの食物にたんぱく質が含まれているので量を少なくして摂取する事を心がけると良いでしょう。

 

更に、人工透析をしている方等、カリウムが悪影響を及ぼす事もありますので、カリウム制限を必要とする腎臓病の方も多いでしょう。生野菜や果物にはカリウムの含有量が多いので、調理方法を工夫し、一度や二度茹でこぼしたり、水にさらすと通常のカリウムを削減させる効果がありとても有効的です。このように、腎臓病には食事療法、塩分、たんぱく、カリウム制限がありますが、工夫次第で成分的にも精神的にも負担なく食事療法する事が可能です。

 

腎臓病食事ラボ|腎臓病の原因予防法!腎臓病食事で大切なことは基本的に、腎臓をこれ以上傷めないための食事という事を念頭に置き、メニューを考える事です。また、どの食品にどれくらいの栄養分が含まれているかということをまず学んでおき、普段の食事にどれくらい摂取しても大丈夫かという事を学ぶ事も重要です。

成分量の大よその目安を一旦把握しておくと、その後は感覚的に捉える事もできますし、もこれくらいだったら大丈夫というのを自分の身体が覚える事ができます。また塩分を摂らない方法として、調味料を工夫して美味しく食べる事ができる工夫も効果的です。いかに満足感のある食事を美味しく頂けるかという事を工夫する事もとても長く食事療法を行う為に効果的です。また、食事以外の予防法もたくさんありますので気になる方は腎臓病のおすすめ予防法6選!腎臓病をしっかり対策した人へを参考にしてください。

 

腎臓病食事を毎日しっかりと続けるために必要なこと


腎臓病には様々なステージがあり病気の進行状況も個人差がありますが、一日に摂ってもよいカロリーやカリウム、塩分、たんぱく、水分の量も個人によって異なります。

管理人画像

では、どのようにメニューを考え、カロリー計算や成分計算をすればよいかという事をご紹介したいと思います。
まず、身長と体重が一般的な標準体重に比べて肥満であるか、肥満でないかという事を把握する事が第一です。肥満であれば、カロリーは標準よりも少なくする事が必要ですし、痩せ型であればカロリーは多めに摂取してもよいという事を知る必要があります。そして、高血圧やむくみがない場合と、ある場合においても摂取してもよい成分量が異なりますので、自分がどのようなパターンであるかという事をまず知りメニューを考える必要があります。

 

例えば、高血圧やむくみがある人の場合、一日に摂取できる塩分は8g未満です。また、たんぱく質は体重1kgあたりに1.0〜1.2g、カリウムの制限は一般的にはなく、水分量は多めに摂取することができます。しかし、高血圧やむくみがひどい場合には、同じメニューではなく、一日の塩分量は3〜6gを目安に摂取し、たんぱく量は同じく体重1kgにつき1.0〜1.2g、利尿作用のある食材を取り入れながら水分量も調整し飲む必要があります。

 

管理人画像

一日のメニューで塩分量とたんぱく量、カリウム量を三食に分けて考える事で、工夫をしながらメニューを考える事です。自分の身長体重に見合ったカロリーを計算し、食材に含まれるカロリーと成分を計算しましょう。そして塩分制限がある場合塩分を必要以上に摂らない為にも、調味料を工夫したりしながら食事を摂る事もしっかりと食事制限を続けるために必要な事です。具体的さらに詳しく腎臓病の食事について知りたい方は、腎臓病食事なんとかしたい!改善するおすすめ方法8選!を参考にしてください。腎臓病ののレシピやカロリー計算などの方法を記載した記事をまとめました。

しかし、腎臓病を患ってしまうと、一日三回の食事の事ですし、毎日が事細やかな計算をすることも困難になってくる場合もあります。計算が苦手で結局食事療法を疎かにしてしまう場合も多く病状が悪化してしまう事も多いでしょう。

 

腎臓病食事配達員イメージそのような事にならない為にも、また長くしっかりと食事療法を続けていく為にも、宅配食事を取り入れ、カロリー計算や成分調整を専門の栄養管理士に任せるという手段もあります。
本来、腎臓病の食事というのはタンパク質や塩分、リンなどさまざまな栄養素に配慮して作らなくてはいけません。どんな食材を利用すればいいのか…どんな味付けにすればいいのか…いろいろなことを考えなくてはなりません。
ですが、食事宅配なら、腎臓病の人のために考えられたメニューが冷凍状態や常温の状態で届くので、あとは一手間、食事を温めるなどの簡単な調理をすればOK。これが腎臓病食の食事宅配、最大の魅力でしょう。

宅配食事サービスとは、栄養士により栄養バランスをしっかりと考えた食事を自分で指定した日時で、定期的に届けてくれるサービスです。栄養豊富な食事を自宅で手頃に食べられることから持病の方や高齢者、健康維持を目的とした人など多くの人に注目されているサービスです。今では介護予防や食生活の改善などでも利用されているようです。ちなみに宅配食事は、全国配送のケースが多いため、場所を選ぶことなくサービスを受けられるのも注目されている理由の一つです。

どのような食事を摂ればよいかという腎臓病初心者の方にもおすすめですし、慣れるまでどのような味でどれくらいのカロリーと量が自分に必要なのかという事を把握する為にも宅配食事がおすすめです。

 

管理人おすすめ!食事宅配で腎臓病改善!

管理人画像

腎臓病について、食事制限について等ご紹介しましたが、毎日の事ですし、体調の変化や季節の変化、ホルモンバランスの変化、感情の起伏等によって食事へ影響を及ぼす事も多く、自分で食事制限し食事をコントロールすることを長く続けるには強い精神力も必要かもしれません。食事コントロールができずに罪悪感とともに食事を摂ったり、適切な量よりも過剰に摂取してしまって病状が悪化してしまうというケースもあり、食事制限といってもなかなか安易なものではありません。

 

ウェルネスダイニング

食事宅配によって、その心配を軽減しストレスなく食事療法を取り入れる事も効的は方法でありおすすめです。中でもウェルネスダイニングという食事宅配があり、腎臓病の方に人気の食事宅配を行っています。

ウェルネスダイニングメニューメニューも豊富で面倒なカロリー計算や食塩制限、たんぱく制限を行ってくれています。実際に管理人も普段から愛用しておりとても便利です。管理人がウェルネスダイニングを使用している記事今すぐ腎臓病の食事を改善したい!話題のウェルネスダイニングとはを参考にしてもらえれば、より詳しくウェルネスダイニングについて知っていただくことができます。

管理人画像

また、腎臓病にとって一番気を付けなければならない食塩制限ですが、食塩も2g以下という低塩で美味しいメニューを宅配してくれるので安心して召し上がる事ができるのも嬉しい所です。たんぱくは10g以下という通常、自炊で作るとなかなかそこまでたんぱくを抑える事ができませんが、たんぱくを抑える事ができるのも腎臓にとって負担を軽減させてくれますので、機能をこれ以上落とす事なく維持するのに最適です。
ウェルネスダイニングの公式サイトからコースの金額なども知ることができるのでこちらを参考にするのもいいかもしれません。

ウェルネスダイニング公式サイトボタン画像

【最後に】管理人がウェルネスダイニングをおすすめする理由

管理人画像

ウェルネスダイニングの食事宅配をするようになって、検査の結果がよくなったという報告もありますし、腎臓機能を高めストレスのない食事療法ができるとの事で好評です。また送料無料な所も経済的に嬉しい所です。また冷凍食品で届きますのでその日に食べれなくてもいつでもどこでも解凍して召し上がる事ができるのも便利です。

例えば会社でのお弁当の際、お弁当を作れない時や、外食をしてしまうと塩分を摂りすぎてしまう場合がありますが、ウェルネスダイニングの食事を持っていくだけで簡単に負担なく食事を摂ることができるという方法もあり様々なシーンで活躍してくれます。

経済的にも精神的にも、そして健康的に毎日の食事に是非ウェルネスダイニングを取り入れてはいかがでしょうか。ウェルネスダイニングについてより詳しく知りたい方は、今すぐ腎臓病の食事を改善したい!話題のウェルネスダイニングとはを参考にしてください。

解決したい悩みを選択!

管理人画像


女の子産み分け画像


女の子産み分け画像


管理人画像