腎臓病と高血圧は関係があるの?

MENU

腎臓病と高血圧は関係があるの?

腎臓病と高血圧の関係についてお話します。

 

腎臓病と高血圧はどちらも生活習慣病の代表的な存在として知られていますが、腎臓病と高血圧の関係は非常に深く、腎臓病になった方の大半は高血圧となり、高血圧が腎臓病をさらに悪化させます。腎臓病になる方の多くは高血圧になりやすい生活を送っている方が多く、生活態度を改善させないうちは腎臓病と高血圧の両方がどんどん悪化してくるので、いつまでも腎臓病や高血圧になるのを防ぐためにも双方の予防を意識した生活を送るように心がけることが肝心です。

 

 

腎臓病が高血圧原因となるメカニズム

 

腎臓病が高血圧のきっかけになるメカニズムは心臓と腎臓の働きが係わっています。腎臓病になった場合腎臓の機能が低下することによって腎臓によって分解された水分や塩分が排出できなくなり、血液の量が増加していきます。そうなると少しずつ血圧が上昇していき、心臓も血液中の不純物の排出を促すために腎臓により多くの血液を送り込みます。そうなるとさらに腎臓の負担が増加し、より不純物の排出能力が衰えるという悪循環を繰り返すようになり、腎臓病はさらに悪化してしまいます。

 

 

悪循環を解消するには

 

腎臓病と高血圧の悪循環を解消するためには腎臓に負担をかける原因を取り除くのが一番です。この時腎臓の負担となっているのは過剰に摂取されている水分や腎臓の働きを弱めるアルコール、血管を収縮させて循環機能を衰えさせるニコチンなどが挙げられるので、これらを解消するために食事療法や禁酒、禁煙が求められます。食事療法では塩分を抑えることを第一に考え、血液中の不純物を産みやすいたんぱく質も抑えられるメニューを考案しましょう。

 

 

定期的な運動も効果的

 

食事療法や禁酒・禁煙は非常に高い効果を発揮しますが、これらの効果をより高めるためにも定期的に身体を動かしましょう。毎日数十分ウォーキングなどの軽い運動を行うことで必要以上に摂取されていたエネルギーがより効率よく分解されるようになり、心臓や腎臓の働きも活性化するので、より効率よく腎臓の機能回復を促すことが出来るので、腎臓病を予防したい時は積極的に身体を動かしましょう。

 

 

 

>>ウェルネスダイニングの公式サイトはこちら!
ウェルネスダイニングの公式サイト