腎臓病の早期発見の為に注意しておくべきポイント5つ

MENU

腎臓病の早期発見の為に注意しておくべきポイント5つ

 

腎臓病の悪化を防ぐには 腎臓病は悪化すると非常に厄介なことになる病気として知られています。
初期症状が出ているうちなら食事療法や運動療法で十分治療させることが出来ますが、症状が末期常態にまで進行した場合は慢性腎不全と呼ばれる状態になり、腎臓がほとんど機能しなくなってしまいます。
そうなると一生透析治療を続けなければならなくなる上、腎臓の機能も回復しなくなってしまうので、そうならないためにも腎臓病を早期発見する方法を知っておくことが重要です。

 

症状を把握する腎臓病の悪化を防ぐためには初期症状を見逃さないことが大切です。

 

腎臓病の初期症状には血尿や尿量の増減、たんぱく尿、身体のだるさ、高血圧、身体のむくみが挙げられるので、これらの症状が表れた時は注意が必要です。
疑わしい時はすぐに検査を腎臓病の症状はいずれも初期症状のうちはほとんど目立たず、体調不良程度で片付けてしまう方が非常に多いといわれています。
症状が悪化するに従いこれらの症状はどんどん重くなっていきますがそうなるともう手遅れになっている事もあるので、少しでも怪しいと感じたときはすぐに検査を受けましょう。

 

身体のサインを見逃さない腎臓病の初期症状を見分けるためには目に見える身体の変化にすぐに反応することが肝心です。

 

例えば尿の変化は目に見えて分かりやすい身体の変化の一つで、たんぱく尿なら尿の泡立ちがいつまでも消えなかったり、血尿なら目に見えて尿の色が異なるので、そうしたいつもとは違う変化が見られたときは注意が必要です。
血圧を測る腎臓病の早期発見には血圧チェックが効果的です。腎臓病患者の大半は高血圧になっているので、週に一度血圧チェックを行って、平均値よりも血圧が高い場合は腎臓病の初期症状がないか思い返してみてください。

 

病院で定期検診を受ける自分では気付かない初期症状に気付くには第三者の目も有効です。

 

年に一回定期検診を受けることで自分では気付かない腎臓病の初期症状に気付いてくれる可能性は高いですし、まだ腎臓病でなかったとしても発症する可能性がどれだけあるのかを調べてくれるので、腎臓病の予防にも高い効果を発揮してくれます。

 

>>ウェルネスダイニングの公式サイトはこちら!
ウェルネスダイニングの公式サイト

解決したい悩みを選択!

管理人画像


女の子産み分け画像


女の子産み分け画像


管理人画像