腎臓病はどんな種類があるのか

MENU

腎臓病はどんな種類があるのか

腎臓病の種類についてお話します!

 

腎臓病には様々な種類があり、いずれも腎臓の機能が低下して様々な症状を引き起こすという点は変わりませんが、症状の進行度合いや発症する可能性、回復しやすさなどが異なるので、それぞれの症状にあわせて治療を行う必要があります。

 

腎臓病の種類の一例

  1. 急性腎炎
  2.  

    急性扁桃腺炎などによって腎臓の一部が炎症を起こして腎臓病の症状を引き起こします。
    発症するまでにはタイムラグがあり、急性扁桃腺などが完治してから10日ほどで発症することが多く、子どもに発症することが多いので注意が必要ですが、早期発見できれば8,9割方は完治させることが出来ます。
    急性腎不全何かしらの原因で腎機能が急激に低下し、血尿をはじめとする様々な症状を引き起こします。
    急性糸球体腎炎や溶血性尿毒症症候群といった病気や抗生物質や鎮痛剤のアレルギー反応が原因となるケースが報告されており、発症する可能性は非常に稀ですが、病気や怪我を治療した後身体がだるくなるなどの症状が表れた時は検査したほうが良いでしょう。

     

  3. 続発性糸球体腎炎ループス腎炎、紫斑病性腎炎、肝臓病といった病気がきっかけとなって腎臓の糸球体に異常が発生することによって引き起こされる腎臓病で、原発性慢性腎炎など他の腎臓病として診断されることも多いです。
  4. 治療の際は原因となった病気に合わせて治療を行う必要があるため、とにかく医師の指導を受けることを第一に考えましょう。

     

  5. 慢性腎不全正確には病名ではなく、様々な症状によって引き起こされた腎臓病が悪化して腎臓の機能が著しく低下した状態を指します。
  6. この状態に陥ると既に腎臓の機能回復はほぼ不可能な状態になっており透析治療を繰り返しながら生活しなければならなくなります。
    腎臓病を悪化させないために腎臓病の種類は多数ありますが、慢性腎不全にならない限りは治療出来る可能性が残されています。

 

 

食事療法や運動療法、食事療法を駆使することで元の健康な腎臓を取り戻すことが出来るので、少しでも不安に感じたときはすぐに医師に相談してみましょう。

 

 

>>ウェルネスダイニングの公式サイトはこちら!
ウェルネスダイニングの公式サイト