腎臓病改善につながる食事レシピを大公開!おすすめレシピ5選

MENU

腎臓病改善につながる食事レシピを大公開!おすすめレシピ5選

腎臓病食事レシピ

 

腎臓病の進行を遅らせる方法として、一番有効なのが食事療法です。
腎臓病を患うと食事制限を受ける人も多く、毎日の食事を考えるのも一苦労です。そこで今回は、誰でも簡単にでき、腎臓病の改善にも役に立つ食事をご紹介します。
ぜひ、参考にして下さい!
それでは早速見ていきましょう。
簡単にできる腎臓病食を2つ、ご紹介しましょう。

 

 

ピーマンのおかか和え

 

腎臓病食事ピーマンのおかか和え画像

<材料>
・ピーマン  3〜4個
・ポン酢  大さじ1.5〜2程度
・かつお節、すりごま  適宜

 

<作り方>
【Step1】.まずはピーマンを一口大に切ります
【Step2】切ったピーマンをレンジ(600W)で2〜3分程度加熱します
【Step3】.加熱し終えたらポン酢、かつお節、すりごまを混ぜて完成

 

もう1品欲しい時に使えるレシピです。非常に簡単に作れるので「あと1品ほしいな」というときにピッタリのレシピです。夏には冷やして食べても美味しいです。

 

管理人イメージ画像


 

 

 

低たんぱく春巻き

腎臓病食事低たんぱく春巻き

 

<材料>
・豚ひき肉  360g
・もやし  620g
・春雨  80g
・おろし生姜  10g
・香味ペースト(市販のもの)  13g
・春巻きの皮  20枚

 

<作り方>
【Step1】春雨をお湯に浸して戻して、約3cmの長さに切っておきます
【Step2】切った春雨、豚ひき肉、茹でたもやし、おろし生姜、香味ペーストをよく混ぜます
【Step3】春巻き1本あたり70gのタネを入れて巻きます
【Step4】160〜170度の油に入れて揚げます。最初は3分、返して2分です。火は中火です

 

春巻きは高カロリーのイメージですが、ご紹介した春巻きは、低たんぱくとなっています。そのため腎臓病の人でも安心して食べることができます。もやしや春雨でボリュームもアップされているので、少ない数でおなかいっぱいになるのも嬉しいところです。余った分についてはラップにくるんで冷凍しておくことで保存することもできますので、とても便利です。

 

管理人イメージ画像


 

無塩ドレッシング

 

腎臓病食事無塩ドレッシング

<材料>
・エクストラバージンオイル75ml(米油、ココナツオイル、アーモンドオイル、亜麻油、ごま油でも代用可能です。風味が異なるので違ったバリエーションを楽しみたい方にも他のオイルを使用することもおすすめです!)
・りんご酢75ml
・たまねぎ4分の1〜2分の1個
・ニンニク一片
・ブラックペッパー適量
・お好みのハーブ(ハーブを使用することによって無塩でも香りや風味を楽しむことができます。イタリアンミックスハーブや、バジル、タイム、カルダモン等がとても香りがよくお勧めです!)

 

<作り方>
全ての材料をフードプロセッサーやミキサーに入れて混ぜるだけです。
ミキサー等がない場合は玉ねぎとニンニクをみじん切り、もしくはおろし金で擦ってあとは油が乳化するまで混ぜ続けましょう。
手で混ぜる時は泡だて器等で拡販すると良いでしょう。ごま油をご使用の場合はお好みで擦りごまを入れても美味しく頂けます。
無塩ドレッシングで、獲りたいけれど獲りにくい野菜を気兼ねなく頂けるレシピです。是非お試しください。

 

塩分制限やカリウム制限などで腎臓病の人には、思うようにサラダを食べられない人が多いかと思われますが、無塩でも美味しく野菜を食べれるレシピをご紹介しました。また生野菜が食べられる腎臓病の方はそのまま生野菜にし、カリウム制限のある腎臓病の方には温野菜に無塩ドレッシングをかけて召し上がることをおすすめします。

 

管理人イメージ画像


 

かぼちゃと小豆の胡桃サラダ

かぼちゃと小豆の胡桃サラダ

<材料>
・かぼちゃ8分の1
・砂糖なしで炊いた小豆、大さじ3
・胡桃適量
・マヨネーズ大さじ1
・レーズン適量です。

 

<作り方>
かぼちゃは柔らかすぎず硬すぎず、少しつぶれるくらいの硬さで茹でておきます。
あとは茹でて置いた小豆と他の材料を混ぜるだけです。

 

自然療法での腎臓によい食事として「かぼちゃ小豆」があります。かぼちゃは身体を温め小豆はデトックスに良いとされ、胡桃もまた腎臓によい食品とされています。腎臓に良いものを組み合わせた最強のレシピと言えるかもしれません。
レーズンの自然の甘味も塩なしで召し上がる工夫です。マヨネーズには塩分が入っていますので減塩のマヨネーズを使用することも工夫の一つと言えます。また無塩の手作りマヨネーズで作ることも可能ですので、症状によって異なる塩分制限の強度で調整すると良いでしょう。デトックスを意識し排泄を促してくれる腎臓に良いレシピです。

 

管理人イメージ画像


 

手作りすいかシャーベット

手作りすいかシャーベット

<材料>
・すいか80g
・粉寒天1g
・水70g
・砂糖5g
・レモン果汁5g
・ミント葉一かけらです。

 

<作り方>
【Step1】スイカをミキサーにかけジュースにします。
【Step2】そのジュースを鍋に移し火にかけます。
【Step3】寒天を入れ溶かします。
【Step4】溶けきったらレモン汁と砂糖も入れて煮立たせます。
【Step5】粗熱を取って冷凍庫へ入れます。
【Step6】固まる前くらいにスプーンで混ぜ空気を入れてあげます。(二三回繰り返します。)
【Step7】あとはスプーンですくってミント葉を添えれば完成です。

すいかは腎臓に良くむくみ解消や利尿を促してくれる働きを持つ食べ物です。夏場すいかがたくさん出回る時に冷凍しておくと良いでしょう。
何かデザートが食べたい時に常時冷凍庫にストックしておくと気軽に召し上がることができるのでおすすめです。是非お試しください。

 

管理人イメージ画像


 

最後に

レシピをまとめて5つご紹介しました。どのレシピも簡単にできる上に、きちんと腎臓病のことを考えた腎臓病食となっています。
腎臓病食事でお悩みの方はぜひこちらのレシピを参考にしてください。ご紹介したレシピは、初めて自炊を検討中の方にもすぐに出来るのでこの機会に挑戦してみては如何でしょうか。
また、カリウムを抑えたムニューもご紹介しているので気になる方は、腎臓病の食事レシピ!カリウムを抑えたメニューまとめ!を参考にして下さい。

 

 

関連ページ

腎臓病食事のカロリー計算が面倒!そんな悩みは食事宅配で解決!
「腎臓病食事のカロリー計算が面倒!そんな悩みは食事宅配で解決!」では、毎日の腎臓病のカロリー計算が苦手な人のために、怠け癖のある管理人が利用している食事宅配についてご紹介しています!非常に便利なのでぜひ参考にしてください。続きはこちら!
腎臓病食事のカリウム制限は大変?気なるカリウム制限について
「腎臓病食事のカリウム制限は大変?気なるカリウム制限について」では、腎臓病の方やご家族が腎臓病の方のために腎臓病食事のカリウム制限についておすすめの方法をご紹介しています。厄介な腎臓病食事のカリウム制限もこれで解消できます!続きはこちら
腎臓病食事は海藻で改善出来る?海藻が効果的な理由
「腎臓病食事は海藻で改善出来る?海藻が効果的な理由」では、カリウム制限でも効果的海藻を摂取して腎臓病の改善に役立つ方法をご紹介しています!腎臓病食事で海藻を食べて健康な状態を維持したい人は、ぜひご覧ください。続きはこちら
腎臓病の食事レシピ!カリウムを抑えたメニューまとめ!
「腎臓病の食事レシピ!カリウムを抑えたメニューまとめ!」では、腎臓病食事のレシピを考えても、カリウム制限があるから上手くいかない!と悩んでいる方におすすめです。腎臓病食事のカリウム制限でも美味しくいただけるレシピをご紹介中です!続きはこちら
腎臓病食事を考えるのが大変・・・そんな方におすすめ食事宅配!
「腎臓病食事を考えるのが大変・・・そんな方におすすめ食事宅配!」では、腎臓病の食事を考えるのに毎日苦労している方におすすめの記事です。管理人が実際に使用している食事宅配をご紹介中です!これで腎臓病食事を考える必要がなくなります!続きはこちら
腎臓病食事は、生野菜が改善の鍵?生野菜がもたらす効果とは
「腎臓病食事は、生野菜が改善の鍵?生野菜がもたらす効果とは」では、腎臓病の食事で生野菜は悪いものとされていますが、実は効果的に摂取する事で免疫力を高めてくれます。ここでは、腎臓病食事で生野菜をどうように摂取するのかご紹介中です。続きはこちら
腎臓病食事で栄養士と同じ料理を作るには?おすすめ簡単法
「腎臓病食事で栄養士と同じ料理を作るには?おすすめ簡単法」では、栄養士と同料理を簡単に美味しく自宅で食べる方法をご紹介中です!毎日のカロリー計算やカリウム制限が苦手な方におすすめです。ぜひ参考にしてください!続きはこちら
腎臓病で食事改善が必要な人は、医療費控除が受けられる?
腎臓病の食事で話題のウェルネスダイニングですが、口コミ・評判は本当なのか?実際に腎臓病食事ルームの管理人が体験してみました!その他、食事に関しての注意ポイントや、腎臓病の症状・原因・予防についてなど多数掲載中!腎臓病の食事に関しての悩み事は腎臓病食事ルームで解決!

解決したい悩みを選択!

管理人画像


女の子産み分け画像


女の子産み分け画像


管理人画像